リーマントラベラー 〜働きながら世界一周〜

東松 寛文(とうまつ ひろふみ)1987年岐阜県生まれ。平日は広告代理店に勤務しながらも、週末に世界中を旅しているサラリーマン。TOEICは505点につき、海外での会話は専らボディランゲージ。 2016年10月~12月の3ヶ月間は、平日は東京でサラリーマンをする傍ら毎週末海外旅行に行き、3ヶ月12回の海外旅行で5大陸18カ国を制覇し、「働きながら世界一周」を達成。

簡単に行けた!キューバ#2:治安・行き方/パスポート・言語 編

リーマントラベラーです。
今回はキューバの治安・行き方/パスポート・言語のリーマン的Tipsをお伝えします。
 

治安

f:id:tomatsu1024:20160103123829j:image
 
謎の多い国キューバですが・・・実はとても安全です!
 
社会主義で国民全体に助け合い精神が根付いているため、本当に治安が良いです。全く危険な目には遭いませんでした。「古き良き時代」って言葉が一番しっくりきます。
 
夜道を歩いても、クラブに行っても、酔っ払って公園で寝ても(笑)、全く問題ありません!話しかけてくる人キューバ人はたくさんいましたが、誰にも騙されませんでした。日本人がよく行く観光地だと、みんな騙してくるのに!(笑)

ただ、当たり前のことですが、夜遅くなると人の数は減りますし、
24時間コンビニがある訳ではないので、最低限の準備は各自でお願いします。
 
 

行き方/パスポート

日本からだとカナダかメキシコかフランス経由であれば、乗り継ぎ一回でも行けます!
乗り継ぎ1回の国からだと、上手く乗り継げば、同日にキューバまで着いちゃいます。
なので、5日の休みがあれば、3日間キューバを満喫できます!

ちなみに、アメリカからキューバへの直行便はまだありません。
※マイアミから直行便がありますがキューバ人専用です
アメリカから行かれる場合は、カナダやメキシコ等中米諸国、カリブ海の島国を経由するのが一般的です!メキシコならメキシコシティ か カンクン、カリブ海ならバハマ か ジャマイカ、中米ならパナマ での経由が、便数も多くて、更に乗り換え地の観光も魅力的なのでおすすめです。
※アメリカ以外の国からキューバへは、勿論アメリカ系エアライン(アメリカン・ユナイテッド・デルタなど)は飛んでいません。

僕はバハマとマイアミにも行きたかったので、成田→ダラス→メキシコシティ→キューバ→バハマ→マイアミにしました!
 

ちなみに、
キューバ出国後、アメリカ経由で帰国する場合に注意して頂きたいことがあります!
アメリカに入国する際にイミグレで奥の部屋に連れて行かれます。でも、ご安心を!
荷物チェックだけなので、何か質問されることはないので英語ができなくても全然大丈夫です!ですが、荷物はカバンから全て出させられます。なので女性の方は下着類は袋に入れておくことをお勧めします。僕は、キューバ→バハマ→マイアミでアメリカの前にバハマに寄りましたが、マイアミでイミグレの奥の部屋に連れて行かれました。
 

豆知識↪︎パスポートにキューバの入国スタンプはもらってはいけない!?

パスポートにキューバの入国スタンプがあると、それ以降アメリカに入国できなくなる!と書かれたブログなどがありますが、それは間違いです!僕はキューバで入国スタンプを押された後に、無事アメリカに入国できました。スタンプは押してもいいことになっているみたいです!ですので、安心してキューバに入国してください。 

 

言語

f:id:tomatsu1024:20160103124228j:image
公用語はスペイン語です。
が、観光地では英語もなんとなく通じます。現地人エリアは完全にスペイン語です。

スペイン語に今まで触れたことない僕ですが、実は現地人エリアでもたくましく観光出来ました!
 
どうしたかって?
 
旅行スペイン語の本で、
数字・挨拶・Excuse me(ペルドン)・道の聞き方(ドンテ エスタ 地名)
だけ覚えていきました!それだけ話せればなんとかなりました!本当です(笑)
キューバの本当に楽しいエリアは、スペイン語しか通じないエリアなので、是非とも実践してください。伝わらないときは・・・
 
ボディランゲージで勝負です!(笑)
 
 
今日はここまで!
次回は キューバ旅行のお金・Wi-Fi・交通事情編 です!
 
お楽しみに!