リーマントラベラー 〜働きながら世界一周〜

東松 寛文(とうまつ ひろふみ)1987年岐阜県生まれ。平日は広告代理店に勤務しながらも、週末に世界中を旅しているサラリーマン。TOEICは575点につき、海外での会話は専らボディランゲージ。 2016年10月~12月の3ヶ月間は、平日は東京でサラリーマンをする傍ら毎週末海外旅行に行き、3ヶ月12回の海外旅行で5大陸18カ国を制覇し、「働きながら世界一周」を達成。

【簡単に行けた!野生のジュゴンと泳ぐ旅#4】ホテルの食事・Wi-Fi・施設 編

リーマントラベラーです。

フィリピン・野生のジュゴンと泳ぐ旅#4、今回はホテルの施設・Wi-Fi・食事 編です!
 
島唯一のレストランでの食事の代金は行くまで分かりませんでしたが、果たして僕は払えたのでしょうか!?
 
f:id:tomatsu1024:20160117061958j:image

ホテルの施設

このホテルの目玉は、ホテルに到着した時に最初に目にするのですが、やはり真っ白の砂とエメラルドグリーンの海が広がるビーチ!島にはホテルの宿泊客しかいないため、人も少なく、静かでのんびりした最高の時間が待っています!
 
ビーチの他にも、レストラン、バー(名前はジュゴン・バー)、プール、ダイビングショップ、池(1mくらいのトカゲがいます!)、マッサージ、売店、医務室などがあり、何不自由なく過ごすことができます!
 
1島1リゾートですので、それ以外のお店は本当に何もありません!
 
ですので、周りに何もないので、夜は本当に綺麗な星空が見えます。
※夜は星を見るくらいしかやることが無いので、2泊目くらいで飽きます(笑)
 
読みたかった本をたくさん持って行って、誰もいない静かなビーチでのんびり読書なんてどうでしょうか?
 

ホテルのWi-Fi

ホテルのFree Wi-Fiはレストランとジュゴン・バーで使えます!
が、結構速度が遅くイライラします(笑)
 
日中はジュゴンを探しに出かけたり、各種オプショナルツアーに出かけたり、ビーチでゴロゴロしたり、カヤックに乗ったりとやることは盛りだくさんなので、Wi-Fiが無い生活でも不自由はないと思います!
 
ですが!!!
 
夜は星を見るくらいしか無く、本当に暇すぎるので、Wi-Fiは日本から持って行った方がいいかもしれません!
 
※僕は持って行きましたので、2泊3日、何不自由なく過ごせました!4日間で6,000円くらいです。 
 

ホテルの食事

そして、気になる食事です・・・

まずはメニューから。

 

メニューは3食ともバイキングで、食べ放題です!!

 

朝食はパン、ライス、シリアル、オートミールは勿論、ワッフルやその場で焼いてくれるスクランブルエッグ(混ぜるトッピングも豊富!)などもあり充実!!!

 

昼食と夕食はフィリピン料理からイタリアン、フレンチ、中華など、色々な国の料理があり、同じメニューは出てきませんでした!

※昼飯は宿泊者の人数によってはアラカルトの日もあるみたいです。(口コミで見つけました)

 

朝・昼・夜ともに、味も美味しいです!!!ぶっちゃけ食べ過ぎで太りました(笑)

 

また南国あるあるですが、フルーツの充実度がハンパないです!朝も昼も夜も様々な南国フルーツが出てきて、毎食新鮮なフルーツを楽しめます。

 

ですので、メニューは本当に充実して、味も大満足です!

 

充実してる故に、一番気になるのはお値段ですよね。

僕は食事代を払えたのでしょうか・・・

 

 

 

値段は全然安くはなかったです・・・

朝食はホテル代に込みでしたので無料でしたが、昼食が2,000円くらい、夕食が4,000円くらい、プラスアルコール代と、かなり高くつきました。

 

フィリピンにしては高い印象です。

 

僕は2泊3日(朝食は無料)だったので、かかった費用は、昼・夜・昼・夜の飯代+アルコール代でTotal 15,000円くらい。ま、毎日飲みに行ったと思えば・・・という金額でした。

 

それでもジュゴンに会えるんだと思えば、僕個人としては、全然納得の額でした。(合コンを1回我慢すればいいだけですし)

 

1つの判断材料になるかと思いますので、参考にしてください!

 

それでは次回は旅のリーマン的Tips、いよいよジュゴンツアー編です!

 

お楽しみに!!!