リーマントラベラー 〜働きながら世界一周〜

東松 寛文(とうまつ ひろふみ)1987年岐阜県生まれ。平日は広告代理店に勤務しながらも、週末に世界中を旅しているサラリーマン。TOEICは505点につき、海外での会話は専らボディランゲージ。 2016年10月~12月の3ヶ月間は、平日は東京でサラリーマンをする傍ら毎週末海外旅行に行き、3ヶ月12回の海外旅行で5大陸18カ国を制覇し、「働きながら世界一周」を達成。

【簡単に行けた!野生のジュゴンと泳ぐ旅#5】ジュゴンウォッチング ツアー概要 編

リーマントラベラーです。

野生のジュゴンと泳ぐ旅#5、今回はいよいよジュゴンウォッチングのツアー概要編です。

 

最短3連休でも行けちゃうフィリピンの極上リゾート・ディマクヤ島。

その島で出来る最高のアクティビティ「野生のジュゴンと泳ぐツアー」を紹介します。

 f:id:tomatsu1024:20160121004332j:image

野生のジュゴンと泳ぐことができる「ジュゴンウォッチング」とは?

ジュゴンは世界的にも絶滅の危機に瀕しており、かつ、飼育が大変難しいため、世界でも4つの水族館で5頭しか飼われておりません。(日本では鳥羽水族館で見ることができます)

そんなジュゴンに会えるだけでなく、一緒に泳げるツアーが、ディマクヤ島にあるんです!それがホテル・クラブパラダイスのオプショナルツアー「ジュゴンウォッチング」です。

ちなみに、近隣に貴重な野生のジュゴンが生息していることから、クラブパラダイスには「ジュゴン・ダイブ・センター」というジュゴンの保護を目的とした施設があり、その施設がディマクヤ島周辺のジュゴンの生態を熟知しております。その施設のツアーですので、高確率でのジュゴンとの遭遇が期待できます。

 

ジュゴンウォッチング

ツアーの内容としては、まずはホテルの目の前からバンカーボートに乗り込みます。それでポイントまで行き、ジュゴンを探し、見つけたら海に入りシュノーケリングでジュゴンに近づいて間近で見ることができるツアーです。

 

ジュゴン出現率

ジュゴンウォッチングと言っても、野生のジュゴンを相手にするので、必ずしもジュゴンに会えるわけではありません。現地の人の話だと、60%くらいという話でした。

ジュゴンを見つけるまでは、何カ所もポイントを回ってくれます。現地の人の話だと、ジュゴンが呼吸で出た泡を探すとかなんとか・・・(英語怪しいですが、それっぽいこと言ってました)

 

ジュゴンウォッチングの参加資格

ジュゴンウォッチングではダイビングの資格は要りません!シュノーケリングで近づきます。シュノーケリングセットはレンタル可能ですので、手ぶらでフィリピンまで行って貰えば大丈夫です!(海パンは必須です)

ダイビングの免許を持っている方は・・・

ジュゴンを見るのとは別で、ダイビングをすることも可能です!もちろん手つかずの綺麗な海が待っています!

 

ジュゴンウォッチングの申し込み方法

このツアーは、ホテル「クラブパラダイス」限定のオプショナルツアーになっており、ホテルに着いたら申し込むことができます。(もしかしたら事前に問い合わせてもいけるかもしれません)ホテルに着いたら、フロントかジュゴン・ダイブ・センターで聞いてみてください。

 

ジュゴンウォッチングの金額 

気になる金額ですが・・・シュノーケリングorダイビング×2回とジュゴンウォッチングがセットになっていて、3000ペソ(7,400円くらい)でした!これにダイビングをする場合は機材のレンタルの費用がかかりますが、その費用は良心的な価格だったはずです!

野生のジュゴンと泳げると聞いてある程度の金額はするのかと思って覚悟をして行ったのもあり、2回会社の飲み会を休めば行けるくらいの金額でかなりの衝撃を受けました(笑)

 

以上になります。

そんなジュゴンウォッチングですが、ジュゴンの出現率は60%!

僕はジュゴンに会えたのでしょうか?

それはまた次回!

お楽しみに!