リーマントラベラー 〜働きながら世界一周〜

東松 寛文(とうまつ ひろふみ)1987年岐阜県生まれ。平日は広告代理店に勤務しながらも、週末に世界中を旅しているサラリーマン。TOEICは505点につき、海外での会話は専らボディランゲージ。 2016年10月~12月の3ヶ月間は、平日は東京でサラリーマンをする傍ら毎週末海外旅行に行き、3ヶ月12回の海外旅行で5大陸18カ国を制覇し、「働きながら世界一周」を達成。

土日だけでアメリカ西海岸に行く方法〜入門編〜

リーマントラベラーです。

今回は前回までの羽田深夜発、早朝着便の応用編!実際に魔法の航空券を駆使して海外旅行をするとどうなるか、シュミレーションしてみました!今回はアメリカ西海岸編!

f:id:tomatsu1024:20160201200648j:image 

■アメリカ西海岸 ミニマムトリップ

「アメリカ西海岸」と聞いただけで、海の向こうの遠い国の話と思った、そこのあなた!!!

人生損してますよ!!!

アメリカって飛行機の便次第では、意外と近いんです!

 

ミニマムトリップ用 航空券の手配

まずは航空券の手配!ミニマムトリップ用にはこの便を利用します!

 

○アメリカ・サンフランシスコ

<行き>JAL 羽田発 0:05 → サンフランシスコ着 16:15(前日)

<帰り>JAL サンフランシスコ発 0:35 → 羽田着 5:00(翌日)

○アメリカ・ロサンゼルス

<行き>ANA 羽田発 0:05 → ロサンゼルス着 17:00(前日)

<帰り>ANA ロサンゼルス発 0:05 → 羽田着 5:05(翌日)

 

信じられない!!土・日で行くアメリカ西海岸

必要な休み:土日のみ!

月曜~金曜 夜までサラリーマン

金曜夜 羽田発

金曜夜 アメリカ西海岸着

金曜夜~土曜夜 自由時間(1泊2日)

土曜深夜(正確には日曜0時台) アメリカ西海岸発

月曜早朝 羽田着

月曜 朝からサラリーマン

 

現地滞在時間:32時間20分(夜+朝から夜まで)

※追記:このプランの場合は、エコノミークラスの割引運賃ではいけません!(現地滞在時間48時間以上と規定があるため) エコノミークラス普通運賃orビジネスクラス以上(割引運賃可)での往復航空券でしたら実施可能です。

行く・行かないは置いておいて、物理的には土日で行けちゃうんです!土日でサクッとハリウッド!

 

ウソでしょ!? 土・日・月 で行くアメリカ西海岸

必要な休み:土日月!三連休あれば大丈夫!

月曜~金曜 夜までサラリーマン

金曜夜 羽田発

金曜夜 アメリカ西海岸着

金曜夜~日曜夜 自由時間(2泊3日)

日曜深夜(正確には日曜0時台) アメリカ西海岸発

火曜早朝 羽田着

火曜 朝からサラリーマン

 

現地滞在時間:56時間20分(夜+丸一日+朝から夜)

※追記:こちらはエコノミークラスの割引運賃でもOKです!

三連休ならもっと行きやすい!!サーフィンだけしにサクッとLA!

----------------

 

どうでしょうか?意外といけるでしょ?

ただ、皆さんにこんな弾丸トラベルをして欲しいわけじゃないんです!

まずはアメリカが近いと感じて欲しいんです!

 

ということで次回はこの旅の応用編!リーマントラベラー流アメリカ西海岸旅行術を発表します!お楽しみに!

 

Next:土日だけでアメリカ西海岸に行く方法〜応用編〜