リーマントラベラー 〜働きながら世界一周〜

東松 寛文(とうまつ ひろふみ)1987年岐阜県生まれ。平日は広告代理店に勤務しながらも、週末に世界中を旅しているサラリーマン。TOEICは575点につき、海外での会話は専らボディランゲージ。 2016年10月~12月の3ヶ月間は、平日は東京でサラリーマンをする傍ら毎週末海外旅行に行き、3ヶ月12回の海外旅行で5大陸18カ国を制覇し、「働きながら世界一周」を達成。

<アメリカ>スポーツ観戦 チケットの4つの買い方#2(NFL・NBA・MLB・NHL共通)

リーマントラベラーです。前回の記事でアメリカ4大スポーツのチケットの購入方法を紹介しましたが、今回はそれぞれのメリット・デメリットを紹介していきます。

前回の記事▶︎http://tomatsu.hateblo.jp/entry/2016/02/07/161323

f:id:tomatsu1024:20160208082616j:image

❶当日スタジアムに行って、当日券を購入

よっぽどの人気ゲームで無ければ当日券があり、現地で購入できます。ただし、場所が選べなかったり、満席だと入れない場合もあるので、絶対見たい!というサラリーマンにはオススメできません。

 

❷インターネットで英語のWebサイトから事前購入

語学力がある方は❷の方がオススメです。English Onlyになりますが、インターネット経由でアメリカのWebサイトから購入することが可能です。各競技のオフィシャルHPなどでも買えますが、オススメはTicket Master!全米のスポーツ・ライブ・イベントなどを扱っており、各スポーツの観戦チケットだけでなく、旅行に行く日にやっているライブなども調べたりできます。

チケットはメールで届いたEチケットみたいなものを印刷して持っていけばOKです!

Ticket Master HP▶︎http://www.ticketmaster.com/

 

❸インターネットでの日本語のWebサイトから事前購入

僕のように、語学力もなく、忙しいリーマンにはこれが一番オススメです。一切英語を使わずにチケットを購入することができます!

日本へチケットを代理販売している日本の会社がいくつかあり、インターネット経由で日本語でアメリカのスポーツチケットを買う事ができます。僕はTicket Japanを利用する事が多いです

これなら語学力が無くても安心!日本の自宅までチケットも事前に届けてくれます!その分、手数料がかかるため❷より割高ですが、旅行前に確実に入手でき、それも日本語で調べられるので、忙しいサラリーマンでも仕事中のトイレでこっそり調べて買う事ができるためオススメです。

Ticket Japan HP▶︎http://www.ticket-japan.com/

 

❹旅行代理店に事前に手配してもらう

旅行代理店にお願いして、チケットを手配してもらうという方法もあります。こちらは事前に旅行代理店に行く必要があるのと、手数料がかかるので、❸とどちらが自分にとってお得か判断されてご利用することをオススメします!

 

 

以上になります!意外と簡単に手配できますよね?

アメリカのスポーツの応援は本当に熱狂的!スタジアムでしか味わえない空気があります。アメリカにせっかく行くなら、1日くらいスポーツ観戦してみるのはいかがでしょうか?アメフト・バスケ・野球・アイスホッケー、どれもエンターテイメント!オススメです!