リーマントラベラー 〜働きながら世界一周〜

東松 寛文(とうまつ ひろふみ)1987年岐阜県生まれ。平日は広告代理店に勤務しながらも、週末に世界中を旅しているサラリーマン。TOEICは505点につき、海外での会話は専らボディランゲージ。 2016年10月~12月の3ヶ月間は、平日は東京でサラリーマンをする傍ら毎週末海外旅行に行き、3ヶ月12回の海外旅行で5大陸18カ国を制覇し、「働きながら世界一周」を達成。

速報:今のキューバが見れるのは残り10カ月?「アメリカ・キューバ、年内に初就航へ <リートラニュース>」

リーマントラベラーです。平日は普通のリーマンなのでニュースをこまめにチェック!

そしたらとんでもないニュースが!

米キューバ、定期航空便で覚書 年内に初就航、交流拡大へ (02/17)

 

ついに、アメリカとキューバの間で直行便が出来ます。それによりアクセスが容易になり、物理的にも精神的にも離れていた2国間の距離が一気に縮まります。

となると、懸念していたキューバの近代化&アメリカ化が急速に進むと思います。そうとなると、「今のキューバ」を見られるのは本当に「今」しかありません。

 

少しでも迷っている方のために、過去記事の抜粋をまとめました。

本当に「簡単に行ける」ので大至急検討してください!!!

▼まとめページはこちら

簡単に行けた!キューバ#1~#8 <まとめ>

明日にでもキューバに行って欲しい5つの理由

❶近代化してない!街自体が世界遺産。レトロなアメ車を修理しながら乗っている。

❷人が優しい!助け合いの精神が根付いている。なので、全く危なくない!

❸街に広告が全く無い!社会主義国のため。(アジア以外の国で唯一)

❹マクドナルド、スターバックス、コカコーラ…など、世界のどこにでもあるものが無い!アメリカ資本が入っていない!

❺あと数年で変わってしまう!今年7月に成立したアメリカとの国交正常化により、今のキューバが観れるのはあと数年!アメリカ資本も間も無く入ってきます! 

 

これがラストチャンスです。これを逃すと「今のキューバ」は一生見れません。

 

f:id:tomatsu1024:20160217175702j:image