読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リーマントラベラー 〜働きながら世界一周〜

東松 寛文(とうまつ ひろふみ)1987年岐阜県生まれ。平日は広告代理店に勤務しながらも、週末に世界中を旅しているサラリーマン。TOEICは505点につき、海外での会話は専らボディランゲージ。 2016年10月~12月の3ヶ月間は、平日は東京でサラリーマンをする傍ら毎週末海外旅行に行き、3ヶ月12回の海外旅行で5大陸18カ国を制覇し、「働きながら世界一周」を達成。

【簡単に行けた!イラン#1】入国時のアライバルビザ申請方法(日本での事前準備は不要です)

リーマントラベラー東松です。

 

イラン入国時には「ビザ」が必要です!

(そういえばビザを取り忘れてミャンマーに入れなかったこともあったあったなぁ…笑)

 

観光であれば事前申請不要で、入国時に取得が出来る「アライバルビザ」でOK!取得できれば、30日間の観光ができます。

 

ただ、日本のWebサイトにはアライバルビザの情報が少なく、事前申請が必要だとか必要ないとか、ユーロが必要だとか必要ないとか、様々な情報が飛び交っています。

 

ということで、実際に簡単に取れるのかやってみました。2016年10月8日の情報です。

 

<僕のイラン到着時のステータス>

・事前申請なし

・顔写真なし

・アメリカドルのみ所持

 

①ビザカウンターへ

飛行機を降りたら、まずはExitの方へ向かいます。その途中で、Exitなどが書かれた看板の下にVISAの文字が!

f:id:tomatsu1024:20161009225537j:image

とりあえずVISAカウンターの前にいる係員に話しかけます。(水色のシャツを着ている人)

f:id:tomatsu1024:20161009225447j:image

 

②インシュアランス(保険)を取得

すると、まずは「インシュアランス(保険)を取れ!」ということで、インシュアランスを取りに、VISAカウンターの後ろにある申請カウンターへ。

f:id:tomatsu1024:20161009225553j:image

僕の前には14人くらい並んでいて、20分待って窓口へ。料金はアメリカドルで16ドルと書いてあります。ちなみに、確認したところユーロでも払えます!その場合は14ユーロ。僕はドルで支払い、インシュアランスの証書をもらったら、先ほどのビザ係員のもとへ。

 

③ビザ申請用紙を記入

すると、次は「インビテーション(招待状)を持ってるか?」と聞かれ、(内心焦りながら)「持ってない!」と答えると、ビザ申請用の紙を渡され、記入します。名前、父の名前、パスポート番号、職業、生年月日、泊まるホテルの住所と電話番号を書くだけ。

それを持って係員のところに戻り、申請用紙とパスポートを渡します。顔写真はパスポートの写真を使うとのことで不要でした。

 

④ビザ申請代金の支払い

申請用紙とパスポートを預けると「次は申請代金の支払いだ」と言われ、隣のBankと書かれた支払い窓口へ。

f:id:tomatsu1024:20161010110035j:image

支払い金額を聞くと、

 

「料金は60ユーロです」

 

やばい!!!ユーロ持ってない…!

リーマントラベラー大ピンチ!

 

と、恐る恐るユーロを持ってないことを伝えると、

「じゃあドルで!70ドルね」

 

セーーーーーーフ!リーマントラベラー危機一髪!

 

ということで、支払い証明を渡され、それにサインして、その証明を持って最初の係員のもとへ。

 

⑤ひたすら待つ

係員のもとへ戻り、支払い証明を渡そうとすると、「あとで使うから持って待っているように!」と言われ、近くのベンチで待ちます。10分で終わるのか、2時間かかるのか…

 

⑥名前を呼ばれたらビザゲット

待つこと30分。暇すぎて、このブログを書いていました(笑)

そしたら先ほどの係員が「トウマツ?トウマツ?」と何やら聞き慣れた言葉を発しているので、行ってみると…

ビザゲーーーーーット!

f:id:tomatsu1024:20161011012318p:plain

※顔写真は学生時代に撮ったものです・・・(笑)

 

あとは通常通りの入国審査を抜けて、無事イラン入国!!!

f:id:tomatsu1024:20161010105946j:image

ね?簡単でしょ?

 

イランのアライバルビザは、観光であれば事前申請は不要で、支払いはドルでもユーロでもどっちでも大丈夫、顔写真も不要でした!

 

ただし、ドルとユーロ以外では支払えなさそうな雰囲気だったので、イラン入国前に必ずドルかユーロを両替してお待ちください!結局、イラン入国後も使うと思うので、多めに両替することをオススメします。

 

※イラン国内でもドルは両替出来たので、ドルの方が便利かと思われます。

※ちなみに僕は日本出国時に両替が出来なかったので、乗り継ぎ地のドバイで両替しました。

 

ビザを取るのが不安でイラン渡航を諦めていた皆さん、本当に簡単にアライバルビザは取れるので、僕を信じてイランに行ってみてください! 

 

<次の記事>

【簡単に行けた!イラン#2】Wi-Fiを持って行くことができない国の通信事情(イランでSNSを普通に使う方法がありました!) 

【簡単に行けた!イラン#3】イランの交通事情・空港↔︎市内の移動方法