リーマントラベラー 〜働きながら世界一周〜

東松 寛文(とうまつ ひろふみ)1987年岐阜県生まれ。平日は広告代理店に勤務しながらも、週末に世界中を旅しているサラリーマン。TOEICは505点につき、海外での会話は専らボディランゲージ。 2016年10月~12月の3ヶ月間は、平日は東京でサラリーマンをする傍ら毎週末海外旅行に行き、3ヶ月12回の海外旅行で5大陸18カ国を制覇し、「働きながら世界一周」を達成。

サプールに会いにコンゴへ!#5 〜夢は叶う!サプールと一緒にサプールの聖地を練り歩いてみました!〜

前回までのお話▶アフリカ・コンゴ共和国を拠点に活動する、世界一おしゃれな紳士集団 "サプール(Sapeur)"。彼らに会うために、東京から24時間かけてコンゴまでやってきたリーマントラベラー東松。今回のコンゴ滞在はわずか2日間でしたが、2日目街で聞き込みをしていたら、かくかくしかじかあって、奇跡的にサプールに会うことができました!(どうやって会えたのか詳細は第3話第4話参照)サプールのシャライさん、そしてシャライさんを紹介してくれたマイケルさん、そして僕の3人でスーツを着飾り、サプールの聖地・バコンゴ地区を練り歩くことに!果たして、街の人の反応は?

第1話はコチラ、第2話はコチラ、第3話はコチラ、第4話はコチラ

■登場人物紹介(写真左から)

f:id:tomatsu1024:20161124013630j:image

①プレイボーイ(サプールのようなチーム)のマイケル、②リーマントラベラーの東松、③サプールのシャライ

 

11/20(日)18:00

いよいよ旅のクライマックスです。 

 

日曜日の夜は、早い時間からバーやクラブで飲んでいるのがコンゴの日常。

そんなコンゴで完璧に着飾ったサプールのシャライ、プレイボーイのマイケル、リーマントラベラーの東松の3人は、サプールの聖地・バコンゴ地区へ行き、聖地を3人で練り歩いてみることにしました。

 

まずはクラブへ。

f:id:tomatsu1024:20161123232724j:image

「シャライ!シャライ!」

 f:id:tomatsu1024:20161123232751j:image

さすがサプール。シャライは地元では有名人のようです。友人に挨拶をしてから席につくと、オシャレにキメながらギネスビールを飲みます。飲み姿もカッコいいのがサプール!一口に数十秒かけながら、ゆっくりゆっくりと飲みます。


1時間ほど滞在して、次はバーへ。

f:id:tomatsu1024:20161123233032j:image

バーに入る・・・と思いきや、バーが並ぶ通りをカッコよく歩くだけ!ここはたくさんの人が路上で飲んでいるので、我々は完全に注目の的。飲んでる人たちに向かって、カッコ良くポーズを決めます。

f:id:tomatsu1024:20161124005240j:image

100mくらい歓声に包まれながらカッコ良く練り歩き、更に同じ道をまた歓声に包まれながらカッコ良く引き返し、次の場所へ。

 

ちなみにシャライはここでも「シャライ!シャライ!」と道行く人に声をかけられていました。相当有名人のようです。


そして最後は、川沿いの市民の憩いの場所「La Corniche」へ。ここは、日中は主要な幹線道路なのですが、夜は歩行者天国になっていて、たくさんの市民が集まります。サプールの見せ所です!

f:id:tomatsu1024:20161124010104j:image

f:id:tomatsu1024:20161124010043j:image

道行くほとんどの人に「サプール!」「セボン!(フランス語で"いいね!"の意味)」と声をかけられ、更には写真を撮られまくり、気分はもはや一流芸能人!!!

f:id:tomatsu1024:20161125082546j:image

シャライとマイケル同様、僕もスターになったつもりで、周りに笑顔を振りまき、ステップを踏み、ポーズを決めます。

f:id:tomatsu1024:20161124012448j:image
最後はサプールさながらの決めポーズでフィニッシュ!僕の夢「コンゴでサプールに会うこと」が見事に達成された瞬間です!!!

f:id:tomatsu1024:20161124005952j:image

 

 

思えば、コンゴに着いてからわずか2日で本当に色々なことがありました。サプールの社交場と言われたル・マン・ブルーが無くなっていることから始まり、コンゴ人に囲まれてはポーズを決め、スーツの中は汗でびしょびしょ、オシャレな人を見つけて話しかけたらサプールじゃないし、その隣にいたTシャツの人がサプールだし。

f:id:tomatsu1024:20161124020134j:image

こんなに盛りだくさんのコンゴでしたが、最後の最後で「サプールに会う」と言う夢を叶えることができました。

 

シャライ、マイケル、そして全てのコンゴの皆さん、本当にありがとうございました!

 

そして、あっという間に別れの時。

3人でがっちり握手を交わし、連絡先を交換。近い将来、必ず再会することを誓って、それぞれの帰路につきました。

f:id:tomatsu1024:20161124005708j:image

 

「サプールに会いにコンゴへ!」編、これにて完結!

 

そして僕はまたサラリーマンに戻りました。