リーマントラベラー 〜働きながら世界一周〜

東松 寛文(とうまつ ひろふみ)1987年岐阜県生まれ。平日は広告代理店に勤務しながらも、週末に世界中を旅しているサラリーマン。TOEICは505点につき、海外での会話は専らボディランゲージ。 2016年10月~12月の3ヶ月間は、平日は東京でサラリーマンをする傍ら毎週末海外旅行に行き、3ヶ月12回の海外旅行で5大陸18カ国を制覇し、「働きながら世界一周」を達成。

独り身でも寂しくない!? NYのクリスマスの過ごし方 後編

前回までの話▶︎独り身でクリスマスの予定は勿論ないリーマントラベラー東松。だったら、世界一クリスマスが盛り上がってそうな街へ行けば、寂しくないはず!と思い、はるばるアメリカ・ニューヨークまでやってきました!朝からNY中のクリスマスらしいところを片っ端から回り、夜は先輩一家とご飯。そこで家族の温かさに触れ、一時は「大切な人と過ごすクリスマス」っていいなぁと思ったものの、心の悪魔のささやき(要は自主的に)から一瞬にしてそんなことは忘れ夜の街へと繰り出しました。<詳しくはコチラ

 

 

22:00 ニューヨーカーのホームパーティへ

ディナーに引き続き、会社の元先輩でNYでデザイナーとして活躍されている田中紳次郎さんに夜のニューヨークを案内してもらうことに。僕がディーーープな夜を希望したため、奥様・蘭さんとお子さんには先に家に帰っていただくことに(笑)

 

まずは先輩のダンサー仲間の集まるホームパーティへ!ブルックリンを離れ、クイーンズに向かいました。とあるアパートの一室でホームパーティは行われています。部屋に到着すると、部屋では心地の良い音楽が爆音でかかっていて、みんながお喋りしたり、踊ったりしています。(隣の家に人いるけど大丈夫?くらいの爆音です。笑)アメリカ、ブラジル、韓国と出身も様々。 

f:id:tomatsu1024:20161226004646j:image

ダンスもみんな一流。ハリウッドで活躍したりしている人もいるそう。キレッキレです。

f:id:tomatsu1024:20161226004710j:image

とはいえ、僕もダンサーの端くれ。

▼参考:衝撃の僕のダンサーデビュー映像

僕も音に合わせて即興でジャパニーズダンスを披露しました。

▼これを

f:id:tomatsu1024:20161226004754j:image

▼こうして

f:id:tomatsu1024:20161226004801j:image

▼こう!!!

f:id:tomatsu1024:20161226004806j:image

とりあえずウケました(笑)

f:id:tomatsu1024:20161226004814j:image

 

0:30 アンダーグラウンドなクラブへ…

なんとか一笑い取れたので、次の目的地へ。ブルックリンに戻り、アンダーグラウンドなクラブに向かいます。なんとその昔はゲットーだった場所の一角にあるクラブ。どんなところがアンダーグラウンドかと言うと、

・完全招待制(知り合いしか入れない)

・特に名前もない。

・入口がわからない。

怪しすぎます・・・これを聞いたら興味しか湧きません!!!

そして着きました。入口がコチラ。

f:id:tomatsu1024:20161226023919j:image

どう見てもただの倉庫の入り口です。そこに先輩と先輩のルームメイト・コースケくんと一緒に潜入します。

f:id:tomatsu1024:20161226004842j:image

中はこんな感じ。元々はおそらく倉庫だった場所で、そこを改装しています。床には人工芝が敷き詰められていてソファもあり、天井はテントになっていて明るくなると陽が差し込むそう。イケてます・・・。

しかし、中には人は誰もいません。実は、この日の営業時間は深夜2時から昼ごろまで!僕らが着いた0:30はまだ営業前なので、一旦二人の家に戻って出直すことに。それにしても営業時間まで怪しい感じです・・・(笑)f:id:tomatsu1024:20161226004915j:image

3:00 改めてアンダーグラウンドなクラブへ

先輩の家で一時休憩し、再度クラブへ。今度は営業開始してました!入口でIDを見せ、入場料$40を払い中へ。すると、先ほどの光景とは一変。かなり盛り上がっています。

f:id:tomatsu1024:20161226004933j:image

DJブースもあり、いい感じにまったりできる音楽を流してくれます。

f:id:tomatsu1024:20161226004937j:image

中の雰囲気が伝わるよう、こっそり撮影したムービーはこちら。

すごい大人な空間でした。このクラブのある場所自体がアーティストの集まる街のため、お客さんもアーティストが多く、中には有名デザイナーも通ったりしているそう。アメリカのディーーープなクラブなので、ブログに書けないような怪しげな香りがプンプンしていたのは言うまでもありませんが(笑)

 

そんな大人な空間を楽しんでいたら、気が付いたら朝を迎えていました。しかし、よくよく考えたら夜の街へ繰り出すキッカケとなった心の悪魔は消え去ったものの、夜の街に繰り出してからクリスマス感のあることは一切していません!(笑)当初の目的であるNYで最高にクリスマスを感じて後輩たちに羨ましがられる、という目的を全く達成していないことに今更ながら気づいてしまいました。

 

やばいです・・・

 

でも大丈夫!そんなこともあろうかと、サラリーマン故に事前の準備に抜かりがないリーマントラベラー東松は、最高のバックアップを用意してました。

 

秘儀:ワープ

説明しよう!「ワープ」とは、南北アメリカ大陸などから帰国する時、時差の関係で「現地発の日付」と「日本着の日付が1日ずれ、一気に日にちが進むことである。僕しか使っていない言葉だから、良い子のみんなは使うときには十分注意してね!

 

クリスマスを1人で過ごすのが寂しいんだったら、ワープを使ってクリスマス自体を無くしちゃえばいいんです!ということで、秘儀・ワープ!!!

 

<帰りの飛行機>

NY発:12月24日(土) AM 10:00

羽田着:12月25日(日) PM 5:00

 

なんて天才的な発想でしょう!時差をうまく利用して飛行機の上で時計の針を一気に回し、クリスマスを見事消し去ることに成功しました!

 

そして僕はクリスマスを1人で過ごす寂しさなんか微塵も感じることなく、無事月曜は普通に出社することができましたとさ。

 

めでたし、めでたし。