リーマントラベラー 〜働きながら世界一周〜

東松 寛文(とうまつ ひろふみ)1987年岐阜県生まれ。平日は広告代理店に勤務しながらも、週末に世界中を旅しているサラリーマン。TOEICは505点につき、海外での会話は専らボディランゲージ。 2016年10月~12月の3ヶ月間は、平日は東京でサラリーマンをする傍ら毎週末海外旅行に行き、3ヶ月12回の海外旅行で5大陸18カ国を制覇し、「働きながら世界一周」を達成。

市場に迷い込んだリーマントラベラー #1 〜ワンピースに出てきそうなおばちゃんに捕まって〜

リーマントラベラー東松です。

朝日を見るためだけにミャンマーに来ました。朝日を見たらやることがなくなって、地元の人に混じってバナナを売ったり、牛を追いかけたりしてきました。

前の記事▶︎リーマントラベラー、ミャンマーで転職!?

 

それでもやることが無くなった僕は、市場に迷い込みました。

f:id:tomatsu1024:20170814073053j:image

ここはヤンゴンにあるボージョーアウンサンマーケット。

f:id:tomatsu1024:20170814073118j:image

ヤンゴン最大のマーケットで、宝石から日用品、お土産までなんでも揃います。

 

とはいえ、宝石にも日用品にもお土産にも興味がないリーマントラベラー。5分もしないうちに飽きてしまいました。

f:id:tomatsu1024:20170814073156j:image

帰りの飛行機まではあと7時間。3時間前に街を出れば余裕で間に合うので、僕に残された時間はあと4時間。それなのに…

 

ミャンマーで完全に暇になりました(笑)

 

とはいえ、外は30度を超える暑さ。もう日焼けをする余地もありません。途方に暮れて市場を歩いていると、1人の女性に呼び止められました。

 

「坊や、布を買っていかない?」

 

振り返ると、

f:id:tomatsu1024:20170814073232j:image

漫画「ワンピース」に出てきそうな非常にはっきりとした顔立ちの女性が布を持って待ち構えているではありませんか!

 

どうやら彼女は布屋の店主。

布といえば…

バリ・地元のマーケットで生地を選んで、服を作ってみた。

昨年5月にインドネシア・バリ島の市場で、布を買って服を作ったことを思い出しました。しかし、今日は帰国日。僕に残された時間は4時間しかありません。

 

それにしても、圧の強いおばちゃん。このおばちゃんなら全てを受け止めてくれるだろうと思い、とりあえず聞くだけ聞いてみることにしました。

 

「おばちゃん、今から服作れない?今日欲しいんだけど」

 

すると…

 

「うーん。それはさすがに厳しいわね。」

 

さすがに、そうですよね。僕が悲しげな表情をしているとすかさずおばちゃんが、

f:id:tomatsu1024:20170814073232j:image

「特急料金がかかっても良いならいいわよ」

 

特急料金?法外な値段だったりしないでしょうか…すると、おばちゃんからは、

 

「特急料金は25%アップだけど!」

 

出た!25%アップ!

それはなんでもやりすぎだよ、おばちゃん!高すぎるよ!とはいえ元の値段を聞いてなかったので一応確認しておくと、

f:id:tomatsu1024:20170814073232j:image

「通常は8,000チャット。今回は特急料金25%アップで10,000チャットね!」

 

1チャット=0.1円なので、特急料金は10,000チャット=1,000円。

 

安!!!!!

 

ということで、この布を使って短パンを作ることにしました!完成は2時間半後です!

 f:id:tomatsu1024:20170814073512j:image

果たしてどんな短パンが仕上がるのか!?

結果は明日発表!お楽しみに!