リーマントラベラー 〜働きながら世界一周〜

東松 寛文(とうまつ ひろふみ)1987年岐阜県生まれ。平日は広告代理店に勤務しながらも、週末に世界中を旅しているサラリーマン。TOEICは505点につき、海外での会話は専らボディランゲージ。 2016年10月~12月の3ヶ月間は、平日は東京でサラリーマンをする傍ら毎週末海外旅行に行き、3ヶ月12回の海外旅行で5大陸18カ国を制覇し、「働きながら世界一周」を達成。

【フィリピン・セブ】スラム街に行こうとしたら、逆に豚の丸焼きをご馳走になった話

2017年9月9日の出来事。

 

昼前からフィリピン・セブ島のダウンタウンエリア、コロンストリートを散歩していました。地元の人たちで賑わうエリアで、観光客はほとんど見かけません。

それもそのはず。ここは地元の人たちに紛れて、たまに窃盗とかしちゃう貧しい人たちが現れるエリアだから。ただ地元の人の暮らしを覗いてみたくて、単身コロンストリートに行ってきました。

 f:id:tomatsu1024:20170910023036j:image

コロンストリートに着きました。

街は至って普通の繁華街。出店もたくさん出ていて、日中は危険な雰囲気は全くなく、写真をお願いしても気軽に応じてくれます。

 f:id:tomatsu1024:20170910023631j:image

「全然大丈夫じゃん」と思い、街の外れまでたどり着いた時に事件は起きました。トイレを借りようと入ったレストランでの出来事。

衝撃的でした。レストランの店員も子供達がご飯を食べに来るのは受け入れているよう。笑顔で対応していました。それも衝撃的でした。

昼間でこんな調子なんだから夜はもっとひどいことが起きているのではないか・・・

 

気になりますよね?

 

ということで、セブ島の貧困の実態を調査するため、一度街を離れ、夜になってからもう一度コロンストリートに戻ってくることにしました。

f:id:tomatsu1024:20170910023707j:image

夜になりました。

18時過ぎにコロンストリートに戻ってきたところ、昼間以上の盛り上がりを見せ、出店の数も増えていました。昼間は衣料品とご飯が中心でしたが、夜はそれらに加えて、携帯電話や時計、海賊版DVDなど怪しいものがたくさん売られています。

 

しかしながら街を歩いている人たちは昼間と変わらない様子で、特に危ない雰囲気もありません。さすがにメジャーな観光地・セブ島だから危険なことなんてありえないか!

 

そんな感じで街を散策していると、遠くから大音量で楽器を演奏しながら練り歩く謎のパレードが。

もしかしたら貧しい人たちによるデモ行進???気になったので行ってみました。

街の人に聞いたところ、デモ行進ではなくお祈りとのこと。ということで・・・

列の最後尾からついて行ったのですが、最後尾で交通整理をしていたおじさんにいろいろ聞いているうちに・・・仲良くなりました(笑)すると、先頭まで移動させられ・・・

 

気がついたら、よくわからないまま行列のお手伝いをすることに(笑)

 

お手伝いしながら一緒に歩いていると、15分ほど歩いたところで行列が突然ストップ。どうやら彼らの住宅が密集するエリアに到着したそうです。お疲れ様でした!

彼らの住宅のエリアは幅80cmほどの小道の両サイドに家が密集しています。とりあえず気になったので中に入ってみました(笑)

 

その道を抜け中に入ると、小さな教会が。

f:id:tomatsu1024:20170910023739j:image

ちなみに僕にお手伝いさせてくれたおじさんはこんな人。メイルさんです。

f:id:tomatsu1024:20170910023755j:image

どうやら祭は明日が本番で、明日はこの教会でみんなでお祈りをするそう。教会の前には小さな広場があり、19時過ぎにも関わらず爆音で音楽が流れ、そこは子供達のディスコと化していました。

子供ディスコを眺めていると、仲良くなったおじさんからとんでもないお誘いが。

「お腹空いてるならご飯食べていくか?」

はい、空いてますーーーーー!ということで、おじさんの家・・・ではなく、子供ディスコの隣のおじさんの知り合いの家にお邪魔することに(笑)誰?(笑)

f:id:tomatsu1024:20170910023819j:image

メイルさんの友達とのことですが実質赤の他人の家族に囲まれ、お母さんの作ったご飯をいただくことになりました(笑)

f:id:tomatsu1024:20170910023908j:image

メニューは肉と魚と蟹とご飯。たんぱく質多めのフィリピンの夜ご飯。これを手掴みで食べます。しかし、どれも本当に美味しい!豚の角煮もあってそれは一生食べていられます。

 

それを頬張っていると、お母さんからとんでもない一言が。

「今回は特別にとっておきのメニューがあるのよ!見てちょうだい」

f:id:tomatsu1024:20170922105311j:image

まさかの!!!キターーーーーー!

豚の丸焼きです!子豚ちゃんが一頭丸々焼かれいます。これを上手にお母さんが捌いてくれ、盛り付けてくれます。甘辛く焼かれた子豚ちゃんは激ウマ。外の皮はパリッとしていて、中のお肉はジューシーに焼かれています。最高の夜ご飯です。

 

結局こんな感じでそこの集落の人たちと仲良くなって夜が更けるまで一緒に騒いで過ごしました、とさ。

 

 

あれ?そういえば、セブ島の貧困の実態を調査しに来たのでは・・・?(笑)

 

と思って、22時過ぎにコロンストリートに戻ったのですが、相変わらず賑わいを見せていて、たくさんの人が。とりあえずサクッと街を歩いてみましたが、10分ほど歩いても特に何も起きなかったのでホテルに戻りました(笑)

 

めでたし、めでたし。