リーマントラベラー 〜働きながら世界一周〜

東松 寛文(とうまつ ひろふみ)1987年岐阜県生まれ。平日は広告代理店に勤務しながらも、週末に世界中を旅しているサラリーマン。TOEICは575点につき、海外での会話は専らボディランゲージ。 2016年10月~12月の3ヶ月間は、平日は東京でサラリーマンをする傍ら毎週末海外旅行に行き、3ヶ月12回の海外旅行で5大陸18カ国を制覇し、「働きながら世界一周」を達成。

海外旅行のリスク対策 [ リーマントラベル研究所 #4 ]

僕らの旅をもっと快適にするオンラインサロン「リーマントラベル研究所(会員数 346人)」では、会社員の旅行(=リーマントラベル)に関する裏ワザやおすすめなどを研究しています。ここでは、研究所で出た"使えるテクニック"を紹介します。

< 過去のリーマントラベル研究所の研究成果はコチラ >

 

第4回 海外旅行のリスク対策

見知らぬ土地で言葉も通じず、不安ばかりの海外旅行。その上、トラブルに遭ったらどうしよう・・・そんな方の不安を少しでも取り除けるように、リーマントラベル研究所でみんなのリスク対策を聞いてみました。

 

f:id:tomatsu1024:20180512124849j:image

 

※ ☆ は僕も実践しているものです。

 

・海外旅行用の財布を準備 ☆

チャック付きやウォレットチェーンなどでスリ対策。財布を何個か準備して分散しておくのも良いです!

 

・パスポートのコピーと顔写真を準備 ☆

万が一パスポートをなくした時用。海外でパスポートを持ち歩くのが不安な人も使えますね。僕は海外用の財布の中にパスポートのコピーを常に入れておきます。顔写真はWebにアップしていつでもダウンロードできるようにするのも手ですね。

 

・海外旅行保険に入る or クレジットカード付帯の保険を代用 ☆

万が一の時のために保険には入っておいたほうが良いです。特に海外で病院へ行くのはかなり高額になるので、それを考えると保険はマストですね。僕はクレジットカードに付帯されている保険で代用してます。

・・・・・・・・・・・・・・・

僕の体験談①

一度エチオピアで車にひかれました。吹っ飛んだもののかすり傷程度で大丈夫だったのですが、病院に行こうか迷ったので保険会社に電話。すると日本で診察した場合も保険がおりるとのことだったので、その日が帰国日だったこともあり、日本に帰ってから病院に行きました。(怪我は全く問題ありませんでした!)

※写真はエチオピアの首都 アディスアベバの市場、メルカート。

f:id:tomatsu1024:20180512125016j:image

僕の体験談 ②

イギリスで現地の人に写真をお願いした際に、カメラを戻してもらう時に誤ってカメラが落ちてしまいました。その結果、カメラが故障。でしたが、保険で何とかなりました!

※いずれも保険のプランによると思うので、プラン内容は十分ご確認下さい!

・・・・・・・・・・・・・・・

 

・電車やエスカレーター、人混みではカバンを前に

明らかに観光客と分かるような格好でいると、スリなどに狙われやすくなります。特に、電車やエスカレーターで止まっている時や、人混みは注意が必要。特にカバンは狙われないようにガードしましょう。

 

・カバンの内ポケットに大事なものを入れる ☆

とはいえ、僕はいつもリュック派なのでカバンを前にしづらいのですが、僕は大事なものは必ずリュックの中のさらに内ポケットに入れるようにしています。あと観光時は荷物を最小限にしておくことも大事ですね。

 

・ガイドブックを読むときは要注意!読む場所を考える

道路の真ん中でガイドブックを読んでいる人は狙われやすくなります。観光客で、かつ、読んでいるときは無防備になりがちなので、荷物が狙われない位置で読むようにしましょう。壁に背を向けた状態やベンチに座って荷物をホールドした状態など、細心の注意を払って読むようにしましょう。

 

・スマホを見るときにも、ガイドブック同様細心の注意を! ☆

スマホも高価なものなので狙われやすいです。ですので、見るときは十分に注意しましょう。特に歩きスマホは一番危険です。せっかく海外に行くのですから現地を思いっきり楽しむために、現地にいるときくらいはスマホ断ちをしてみてはいかがでしょうか?

 

・華美な格好をして歩かない ☆

明らかに観光客と分かるような華美な格好をしていると狙われがちです。リゾートなどはさすがに大丈夫ですが、発展途上国の街中を歩く時などは、極力現地に溶け込めるような服装で歩いています。

 

・常備薬を携帯する

現地でも買えますが、不安な方は持っていくと良いでしょう。ただし荷物になるので、最低限にすることをオススメします。

 

・レンタカーを駐車するときは車内に物を残さない ☆

レンタカーを駐車するときは車内に物を残してはいけません!一気に車上荒らしに遭う確率が上がります。携帯の充電ケーブルでも片付け、車内には何も物がないようにしています。有人の駐車場はまだ安心ですが、無人の駐車場は特にケアが必要です。

 

 

他にもいろいろなリスク対策が言われますが、基本上記くらいを対策しておけば、問題なく旅はできると思います!

僕の信条としては、外国人だからといっても、同じ人間。話せばきっと理解できると思っています。だからこそ、海外だからって変に肩肘を張るのではなく、普段通り立ち振る舞っていれば危険な目に遭うことはないと思います。実際に僕は今まで一度もスリや盗難に遭ったことはありません!

 

リスク対策ばかりしてつまらない旅になってもいけないですし、対策しなさすぎて現地にトラブルに巻き込まれてもいけません。ですので、最高に楽しい思い出を作るために、最低限のリスク対策は完璧にして、快適な海外旅行を!