リーマントラベラー 〜働きながら世界一周〜

東松 寛文|1987年岐阜県生まれ。平日は広告代理店で働くかたわら、週末で世界中を旅する『リーマントラベラー』。日本にいる時はトランジット期間。社会人3年目以降、6年間で54か国111都市に渡航。TOEICは575点につき、海外ではもっぱらボディーランゲージ。2016年、3ヶ月間、毎週末海外旅行に行き、5大陸18か国を制覇し「働きながら世界一周」を達成。日本にいる時はトランジット期間。社会人3年目以降、6年間で54か国111都市に渡航。TOEICは575点につき、海外ではもっぱらボディーランゲージ。201

お尻崩壊!コスタリカに着きました!

2カ国目、コスタリカに着きました!記念すべき、僕の50カ国目の国!

 

f:id:tomatsu1024:20181226033709j:image


しかしながら、ここまでの道のりが壮絶でした。


なんと、16時間のバスの旅。


パナマの首都・パナマシティを出発して、コスタリカの首都・サンホセへ。途中、ご飯休憩があったり、国境を越えるための手続きがあったりして、バスを降りて休むことはできるのですが、初日から16時間のお尻への負担は、もはや拷問。


ちなみに僕が利用している『Tika Bus』は、メキシコからパナマまでの中米主要都市をつなぐ国際バス。さすがにバスのシートは柔らかいタイプなのですが、16時間ともなると、シートの問題ではありません(笑)Wi-Fiは使えますが、電波は微弱。あと、トイレ付、USB充電可。(これは普通に使えます)また、バスターミナルにはホテルが併設されていて(1泊20〜30USドル)、着いたらそのままチェックインできるので、便利です。


コスタリカに着いて、ご飯を食べたら、ソッコーでホテルに戻り、爆睡。この旅が始まってたから、結構寝ているハズなのですが、永遠に寝られるのは何故でしょうか?

 


というわけで、あっという間のコスタリカ滞在が終わり、次はニカラグアへ次のバスは10時間移動です。

 


頑張れ、僕のお尻!

 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

< 最後にお知らせ >

Business Insider Japanのミレニアル世代の才能や取り組みを表彰するアワード「BEYOND MILLENNIALS」のグランプリを決める投票が行われています。もしよろしければ、リーマントラベラーに清き一票をよろしくお願いします!

投票はコチラ▶︎ 46の「Game Changer」たち | BEYOND MILLENNIALS(ビヨンド・ミレニアルズ) | BUSINESS INSIDER JAPAN