読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リーマントラベラー 〜働きながら世界一周〜

東松 寛文(とうまつ ひろふみ)1987年岐阜県生まれ。平日は広告代理店に勤務しながらも、週末に世界中を旅しているサラリーマン。TOEICは505点につき、海外での会話は専らボディランゲージ。 2016年10月~12月の3ヶ月間は、平日は東京でサラリーマンをする傍ら毎週末海外旅行に行き、3ヶ月12回の海外旅行で5大陸18カ国を制覇し、「働きながら世界一周」を達成。

ロンドンのフライデーナイト ~ブリティッシュスタイルの飲み会、クラブ、そしてタクシーで…~

リーマントラベラー東松です。

 先週の金曜日はロンドンでフライデーナイトを過ごしてきました!

 

今回フライデーナイトを紹介してくれたのは、ブルガリア人でアーティストのKire!

▼ブルガリア人ということで、今回の日本土産は「明治ブルガリアヨーグルト ソフトキャンディー」を買ってこようと思ったら、もう売ってないようだったので、ハイチュウで代用しました(笑)

f:id:tomatsu1024:20161031015928j:image

加えて、Kireの友人で僕の会社同期の近藤康一朗くん、そして僕の会社先輩石神さんの紹介でロンドン在住の友人・松村美緒さんというロンドンで働く日本人の2人も一緒に、異色のメンバーで飲み会をしてきました(笑)

f:id:tomatsu1024:20161031020019j:image 

ロンドンの飲み会スタイルはパブで飲むスタイル!16時過ぎくらいからぼちぼち人が集まり始め、夜18時過ぎにはどこのパブも満員です。

そしてロンドンの飲み会は外で立って飲むスタイル。

▼外はこんなに人がいるのに中は何席か空いてました(笑)

f:id:tomatsu1024:20161031020203j:image

 

というのも、ロンドンは日照時間が少なく、少しでも日を浴びたい人が多いことから、外で飲むのが定着したようです。夜になると少し寒くなるにも関わらず、どこのパブにも外にたくさんの人がいます。

 

早い時間から何も食べずに飲んでいるだけだったので、お腹が空いてきました・・・。

東松「お腹空いた〜」

一同「フィッシュアンドチップス食べに行こう」

ロンドン名物・フィッシュアンドチップス。

 

ん?つまむもんじゃないの?

 

とりあえず騙されたかのように付いて行くことに。

SOHOに戻り、「Golden Union」というお店へ。なんとそこはフィッシュアンドチップスが主食として出てくる専門店。

 f:id:tomatsu1024:20161031020556j:image

21:45を過ぎた店内。それなのに店内はほぼ満員。地元の人たちばかりです。

f:id:tomatsu1024:20161031020314j:image

そして出てきたのがコレ。

f:id:tomatsu1024:20161031020648j:image

立派な食事です(笑)一人一匹を完食。

 

一旦ここで飲み会は解散し、僕は近藤くんともう一軒飲み直し(もちろん外で立ちながら笑)、24:00過ぎ、そこから一人でロンドンのクラブへ・・・。

 

ロンドンの中でも治安があまり良くないと言われるSouth Londonにある「Ministry of sound」へ。

f:id:tomatsu1024:20161031021153j:image

テクノが流れ、中は若者たちでかなり盛り上がっています!ハロウィン前の金曜ということで、仮装した若者もチラホラ。ただ、ハロウィンは確実に日本の方が盛り上がっていますね!

f:id:tomatsu1024:20161031021216j:image

▼動画はこちら 

 

盛り上がってはいるものの、意外とそんなに激しくないフライデーナイトのロンドンのクラブ。特に何も起きなそうなので、残念ながらUber Pool(配車アプリUberの乗り合いバージョン)を使って帰宅。

 

と、そこから奇跡が!

 

乗車後5分も経たないうちに、パリに引き続き、仮装したロンドンギャル2名が途中で乗車!酔っているのか、相当ノリノリです。負けじとテンアゲ バイブス Yeah!モードになるリーマントラベラー。

Uberが一気にクラブに変わりました(笑)

▼仮想したロンドンギャルたちと。

f:id:tomatsu1024:20161031021312j:image

最後には運転手までノってきて、20分ほどClub Uberを楽しみながら帰宅・・・

 

したのかどうかはご想像にお任せします。

 

なんやかんや最後に楽しい思い出ができたロンドンのフライデーナイトでした♡