読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リーマントラベラー 〜働きながら世界一周〜

東松 寛文(とうまつ ひろふみ)1987年岐阜県生まれ。平日は広告代理店に勤務しながらも、週末に世界中を旅しているサラリーマン。TOEICは505点につき、海外での会話は専らボディランゲージ。 2016年10月~12月の3ヶ月間は、平日は東京でサラリーマンをする傍ら毎週末海外旅行に行き、3ヶ月12回の海外旅行で5大陸18カ国を制覇し、「働きながら世界一周」を達成。

タイ・失われた記憶 #1 日曜の朝、ベッドから落ち最悪の目覚め。そして僕はとんでもない格好で朝を迎えていました。

f:id:tomatsu1024:20161204130818j:image

タイ・バンコク

2016年12月4日(日)  朝9:00

 

ベッドから落ち、起床。

 

おはようございます。最悪の目覚めです。

 

さらに立ち上がろうとしたものの、うまく立ち上がれず、なんとか立ち上がったものの、まさかの頭はクラクラ、足元はフラフラ。

なんとかトイレを済ませましたが、あまりに気持ち悪すぎるので、一度外の空気を吸うためベランダへ。窓を開け外に出ると、

 

え?

 

 

 f:id:tomatsu1024:20161204130415j:image

 

何故かベランダの植え込みの中に、昨日着ていたはずの "リーマントラベラーTシャツ" が。

 

でも、今は服を着ている東松。

 

じゃあ今着ている服って・・・?

 

恐る恐る見てみると・・・

 

 

なんじゃ、こりゃーーー!

 

 

 

f:id:tomatsu1024:20161204124953j:image 

 

マッチョに見えるピチピチタンクトップに、明らかに丈が短いド派手な短パン。

 

全く記憶がありません。

 

こんな格好で寝ていたということは、こんな格好でバンコクのサタデーナイトを楽しんでいたのでしょうか。しかし、どこで、何のために・・・

 

 

一度整理しましょう。

昨日12月3日(土)、僕はタイ・バンコクにいました。朝5時に空港に到着し、日中は観光して、その後ホテルに行き、夜20時にホテルを出ました。

そこまでは鮮明な記憶があります。しかし、そこからのことがさっぱり思い出せません。

そして気がついたのが、翌12月4日(日)の朝9時、ホテルのベッドの下。この空白の25時間に一体僕に何があったのでしょうか。

 

 

この真相を解明すべく、手がかりが無いか、まずはホテルの部屋の中を探すことに。

 

すると、パンツの中から一台のデジカメが出てきました。

 

f:id:tomatsu1024:20161204130522j:image

もしかしたらこの中に何か有力な手がかりが残っているかもしれません。

 

恐る恐る電源を入れてみると・・・

 

なんじゃ、こりゃーーー!

 

 

 

f:id:tomatsu1024:20161204130547j:image

 

拡大してみると・・・

 

 f:id:tomatsu1024:20161204154559j:image

やはり、

なんじゃ、こりゃーーー!

 

謎の男性5人と女性1人に囲まれ、めちゃくちゃ楽しそうな東松。一発目から見覚えのない写真が出てきました。

 

やはりデジカメの中には、僕の失われた記憶を取り戻すための手がかりが残されている予感・・・

 

このデジカメに残された画像を頼りに、タイ・バンコクで12月3日(土)の夜、僕の身に何があったのか、失われた記憶を取り戻したいと思います。

 

次回へ続く☆

 

次の記事▶︎タイ・失われた記憶 #2 バンコクの夜はゲイナイト!撮影禁止の禁断の花園・ゴーゴーボーイへ!